自転車についての概要と歴史

はじめとして自転車の役割、 存在意義は何なのか。
自転車の始まり、 またその形はどのようなものであるのか。
自転車とは、乗り手自身の力を動力源として、車輪を駆動する乗り物のこと。 自動車と比較して排出ガスが発生しなく、維持費用が安い、メタボ予防などから通勤や通学で推奨されている。
二輪車の自転車より三輪以上の自転車が早く製造されていたとされる。 二輪車の自転車はドライジーネが製造のはじめとされ現代に至るとされている。 自転車の始めであるドライジーネは1817年にドイツで発明され、木造で前輪方向転換できるものであった。 自転車の祖先であるドライジーネはチェーンなどはなく足で地面を蹴って走るものであった。
1861年にフランスでミショー型が発売された。 ミショー型とは今の子供用の三輪車と同じようにペダルを前輪に直接取り付けたものである。 1861年のミショーは1866年にアメリカで特許を取得した。
1870年頃イギリスがスピードを追求するため前輪を大きくしたペニー・ファージング型を発表した。 ペニー・ファージング型が人気となり次々とメーカーが追い、前輪が1.5メートルを超える物まで現れた。 ペニー・ファージング型は日本まで広まり、日本ではだるま車と呼ばれていた。 ペニー・ファージング型は当時のスポーツレースによく使われた。