自転車の部品

自転車には様々な部品があり、 それぞれ重要な役割を持っている。
ペダルで動力を作り出し、クランクでタイヤに動力を伝え、
タイヤが受け取った動力を路面に伝える。このような部品の働きを記している。
フレームはと自転車を構成する土台である。 フロントフォークとは前車輪を保持する部分のことである。
人間の身体と自転車が接触する部分はペダル、サドル、ハンドルの3つがある。 ペダル、サドル、ハンドルの3つは日本では「3つのル」と呼ばれる。
ストレートハンドルとは操縦操作を行い、また体を支え安定させる為にある。
サドルとは体重の多くをここで受け止め、体の臀部を乗せる部分である。
ペダルとは、脚力を自転車へと伝える部分のことで、同時に運転操作も担っている。 ペダルは、動力を受け取り、クランクに伝え、回転運動に変化させる。
クランクとはペダルで伝わった動力を、タイヤに回転運動に変化させる部分である。
チェーンはペダルで動力、クランクで回転運動にかえ、動力を車輪に伝える部分である。
ホイールの前輪ではハンドル操作により自転車の舵を切る部分である。 ホイールの後輪では、軸が固定されていて、動力を受け力を発生される所である。
タイヤは、ペダルで伝えられた動力を路面に伝える部品の事をいう。
ブレーキは速度を落とす装置で、安全性に対して極めて重要な部分である。 ブレーキが前後の両輪に付いてない場合は、日本で公道を走ることを法律的に許されていない。