自転車による問題

環境問題や交通問題の改善を求めて推奨されてはいるが、
マナーを守らない運転手がたくさんいる。
その中で多くの割合を占めている違反の行為をしるしてある。
自転車は免許のいらない誰もが身近な乗り物であるが、それゆえの問題が多く発生している。
自転車での歩道における徐行と歩行者優先が守られていないことがすごく多い。 実は歩道においての自転車のベルでの歩行者を退かす行為は法律的に禁止されていて罰金もある。 自転車と歩行者の事故は1995年では563件、2005年は2576件とかなりの多さがある。 車道の左側通行は当たり前だが、自転車ではそれを守られていない。 交差点での安全確認や一時停止の無視、信号無視もとても多くみられている。
夜、自転車を走行している時はライトを付けなければならないが、無灯運転が多発している。 自転車での定員は1人であるが、2人乗りしているのをよく若者の間で見られ、5万円以下の罰金がある。
最近では携帯電話の普及やたばこなど、ながら運転が多く見られる。これも罰金制度がある。 低価格な輸入製品の中には、JIS規格などの国内の安全基準に適合しない製品もある。 最近の流行であるブレーキがないトラックレーサー(ピスト)が、公道を走っていることが問題となっている。 2009年に起こった自転車事故のうち、自転車側に法的違反があった割合がほとんどである。