世界の自転車利用

Home

最近西ヨーロッパでは自転車の利用が盛んである。
スイスでは山岳地帯であるのにも関わらず、
国が環境問題からの脱却として自転車の推奨を進め
自転車のための道路を作っている。
自転車の利用は各国で様々な特徴がある。
西ヨーロッパの国では自転車の利用が非常に盛んである。 オランダでは強風が多く、ドイツでは路面が雪や氷で滑ることが多いが自転車が多く利用されている。 西ヨーロッパ諸国は自然環境からではなく、交通政策や観光政策などで自転車の利用が促進されている。 ヨーロッパでの多くの国で自転車交通の教育推進によって自転車が推進されている。 オランダやデンマークなどでは自転車通勤に対する購入の金銭的補助がある。 スイスでは山が多い地域であるのにも関わらず、自転車ルートが充実しおり、自転車観光が推進されている。
ヨーロッパ諸国では1990年代以降、自転車が環境や健康への効果を重視し、重要な位置づけとされている。
アメリカ、カナダなどは車社会であり一部の都市部を除きレジャー・スポーツでの自転車が中心になっている。 アメリカやカナダなど土地に余裕がある都市部には専用レーンがあり、サイクリングが盛んになっている。 コロンビアの首都ボゴタでは、自転車交通推進によって短期間的にヨーロッパのようなな自転車都市となった。 インドでも自転車は多く利用されていて、自転車生産でも世界有数の国となっている。 中国では、2000年代になると自転車レーン整備が促進されるようになった。