日本での自転車の歴史

日本では1732年に三輪の乗り物が製造し走らせた記録があり
これが日本のじてんしゃの始まりとされる。
国産の自転車制作は明治維新ごろだと考えられている。
1732年に平石久平次時光の書物によると新製陸舟車という三輪の乗り物を作り走らせたという記録がある。 1732年の三輪の乗り物はペダル式自転車の乗り物として世界初のものと言われている。
日本に西洋式自転車が初めて持ち込まれたのは慶応時代で、ミショー型であったと考えられている。 1980年代頃までは1870年に西洋式自転車が持ち込まれたとの説がある。 日本での自転車の歴史は記録されている書物などがあまりなく確証的なものではない。 日本での自転車製作は明治維新前後には始まっていたとされる。 1868年頃、田中久重が自転車を製造したと記録が残っている。 日本の国産自動車の製造の初めは、車大工や鉄砲鍛冶の技術が活かされていた。 明治5年に横浜で木製自転車を作った業者が、東京から横浜間を6時間で走ったとの記録が残っている。
現在の自転車の原形である安全型自転車ができあがったのは明治18年のことである。 自転車の国産化も進み、宮田製銃所が国産の自転車を初めて製作したのは明治23年である。 初め、自転車は高価な遊び道具として利用されていた。 自転車は高価なもので一般庶民には手が届かなく、富裕層だけしか手に入らなかった。 明治31年11月、自転車競技大会が開かれ、相当な人気を集めたという。 初め日本の自転車市場はアメリカからの輸入が大半を占めていた。

時間に余裕を持って、出発の2時間前には空港に着くようにするのがおすすめ。 成田で唯一!宿直体制でお車の安全を守ります! 夜間も担当者が待機しているので、駐車場が無人になることはありません インターネットでのご予約は24時間受付中! 荷物の多い移動や、小さなお子さんがいる場合はマイカーでの移動が便利。 お預かり中のお車の管理もお任せください! 成田空港駐車場ならこちらへ